W杯個人総合王者の小林陵侑、今季最終戦で有終の13勝目! 来季は師匠のレジェンド超えも射程…

今季13勝目を挙げた小林陵侑(ロイター)
今季13勝目を挙げた小林陵侑(ロイター)

 W杯スキーのジャンプ男子は24日、スロベニアのプラニツァで今季最終戦となる個人第28戦(ヒルサイズ=HS240メートル)が行われ、今季個人総合優勝を決めている小林陵侑(22)=土屋ホーム=が合計464・9点で有終の今季13勝目を挙げた。1回目にW杯ジャンプ台記録を更新する最長不倒252メートルの大ジャンプで首位に立ち、2回目も230・5メートルで首位を守った。

 シーズン13勝は、G・シュリーレンツァウアー(オーストリア)に並び、歴代2位。P・プレブツ(スロベニア)の持つ歴代最多記録の15勝には届かなかったが、日本男子初のW杯総合V、史上3人目のジャンプ週間4戦全勝Vなど、記録ずくめのシーズンを快勝で締めくくった。

 W杯男子の日本勢最多勝記録は、土屋ホームで選手兼任監督を務める14年ソチ五輪銀メダルの葛西紀明が持つ17勝。小林陵は今季だけで13勝を積み上げ、あと4勝とした。レジェンドに肩を並べ、そして追い越すべく飛び続ける来季にも、期待が高まりそうだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請