【センバツ】米子東は23年ぶり勝利ならず 「山陰のおかわり君」福島悠は無安打

初回2死三塁、空振り三振に倒れる米子東・福島悠
初回2死三塁、空振り三振に倒れる米子東・福島悠

◆第91回センバツ高校野球大会第2日 1回戦 札幌大谷4―1米子東(24日・甲子園)

 米子東(鳥取)は、昨秋の明治神宮大会を制した札幌大谷(北海道)に敗れ、1回戦で敗退。前回出場した1996年以来の勝利はならず。「山陰のおかわり君」と呼ばれる4番の福島悠高一塁手(3年)は3打数無安打1四球に終わった。

 185センチ、98キロの福島悠は高校通算12本塁打を誇る。5回の守備で親指を痛めた影響は否定し「力を入れすぎてしまった。柔らかい打撃ができなかった。これからのテーマ」と、夏への課題を挙げた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請