【センバツ】ベンチ入り16人→15人になった米子東が初戦敗退。23年ぶり勝利ならず

悔しそうに整列する米子東ナイン
悔しそうに整列する米子東ナイン

◆第91回センバツ高校野球大会第2日 1回戦 札幌大谷4―1米子東(24日・甲子園)

 米子東(鳥取)は、昨秋の明治神宮大会を制した札幌大谷(北海道)に敗れ、1回戦で敗退した。エース左腕の森下祐樹(3年)が8回4失点と粘投したものの、打線が4安打(うち内野安打が3本)1得点に抑えられた。

 ベンチ入り18人の上限に満たない部員16人で23年ぶりに出場したが、23日の開会式を体調不良で欠席した永田涼内野手(2年)がベンチを外れ、15人で試合に臨んだ。

 福島康太主将(3年)は「1人欠けたのは気がかりで寂しかったけど、全員がこの景色を見られたのは、チームにとって大きな収穫になる」と、第1回から100回連続で出場している夏の鳥取大会を見据えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請