紀平梨花、来季投入目指す4回転ジャンプは羽生結弦からヒント「無駄な力が入ってない」

世界選手権を終えて、取材に応じる紀平梨花
世界選手権を終えて、取材に応じる紀平梨花

 23日に閉幕したフィギュアスケートの世界選手権女子で、日本勢最高の4位に入った紀平梨花(16)=関大KFSC=が24日、エキシビション出演の前に取材に応じた。来季投入を目指す4回転サルコーについて「やっていかないといけない。来季は4回転にも力を入れていく」と話した。

 以前、羽生結弦(24)=ANA=のジャンプコーチを務めるジスラン・ブリアン氏に指導を受けたことがあり「世界一美しい」と評価される羽生のサルコーを手本にするよう言われたことがある。

 これまでは動画でチェックしていたが、今大会中に羽生の4回転ジャンプを生で見ることができ「実際に見て、無駄な力が入っていないお手本のようなジャンプ。(男子全体を見ても)4回転の勉強になった。その感じを覚えて練習したい」と意欲を示した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請