世界選手権銀メダルの羽生結弦、現役引退のイチローを惜別…「語り出したら止まらない」

8回2死二塁、現役最後の打席で遊ゴロに倒れたイチロー
8回2死二塁、現役最後の打席で遊ゴロに倒れたイチロー
フリープログラムの結果のみで表彰されるスモールメダルセレモニーでファンに笑顔で手を振る羽生結弦
フリープログラムの結果のみで表彰されるスモールメダルセレモニーでファンに笑顔で手を振る羽生結弦

 フィギュアスケート男子で19年世界選手権(さいたま)の銀メダルに輝いた羽生結弦(ANA)が24日、さいたま市内で取材に応じ、現役引退を発表したプロ野球大リーグのイチロー外野手に惜別の思いを寄せた。

 イチローは、世界選手権ショートプログラムが行われた21日夜に引退を発表。羽生は「寂しいなというのが率直な感想ですかね。本当に世界のレジェンドなので、何回も素晴らしいバッティングセンスや盗塁、走塁、べーラン(ベースランニング)のセンス、あの肩…。語り出したら止まらないけど、本当に色々な言葉で僕も支えられたし、影響を受けて練習方法を変えてきたので素晴らしいなと思うし、言葉は色々な媒体に残るので、研究して自分に生かせたらいいなと思いました」と語った。

8回2死二塁、現役最後の打席で遊ゴロに倒れたイチロー
フリープログラムの結果のみで表彰されるスモールメダルセレモニーでファンに笑顔で手を振る羽生結弦
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請