紀平梨花「来季はSPからミスないように」日本勢最高4位

フリーの結果のみで表彰されるスモールメダルセレモニーが行われ、笑顔を見せる(左から)紀平、ザギトワ、メドベージェワ
フリーの結果のみで表彰されるスモールメダルセレモニーが行われ、笑顔を見せる(左から)紀平、ザギトワ、メドベージェワ

 フィギュアスケートの世界選手権女子で日本勢最高の4位に入った紀平梨花(16)=関大KFSC=が一夜明けた23日、さいたまスーパーアリーナでフリーの上位3選手へのメダル授与式に出席した。

 初出場の大舞台では、予定していたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の成功は3本中、フリーの1本と悔しい結果となり、「ショートプログラム(SP)は悔いが残っている。来季はSPからミスがないようにと今から考えている」と話した。

 シニア1年目は国際大会7戦目にして表彰台を逃す結果となったが、「すごく勉強になった。次につながるいいシーズン」と、振り返った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請