羽生結弦に聞く…「楽しかった。とにかく強くなりたい」

ネーサン・チェンのフォトセッションの際にカメラマンの横に並んでカメラを構える真似をする羽生結弦(カメラ・矢口 亨)
ネーサン・チェンのフォトセッションの際にカメラマンの横に並んでカメラを構える真似をする羽生結弦(カメラ・矢口 亨)

◆フィギュアスケート 世界選手権 最終日(23日・さいたまスーパーアリーナ)

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の羽生結弦(24)=ANA=は、ほぼノーミスで206・10点、合計300・97点で銀メダルを獲得した。演技終了時点ではフリー、合計とも現行ルールでの世界最高得点だったが、直後に演技したSP首位のネーサン・チェン(19)=米国=が羽生の記録を更新する216・02点、合計323・42点で2連覇。世界最高得点の出し合いとなるハイレベル決戦に敗れた羽生は、アクセルを含む全6種類の4回転習得に意欲を見せた。

 ◆ユヅに聞く

 ―振り返って。

 「良い演技をしたにもかかわらずSP、フリー両方とも負けているのは完全なる実力不足。次のシーズンに向けては時間があるので、けがをしないように、その上で追随されないように強くなりたい」

 ―ループとサルコー以外は信じてできたか。

 「ループ以外は信じていた。今回はすごく調子が良くて、こんなにできるかというくらい、練習でノーミスが繰り返されていた。ループさえ降りればノーミスできる感覚があった」

 ―エッジ系のジャンプは。

 「合わせるのが大変。エッジと体と氷とのコネクションが一番大事。ループは特に抜けやすい。確率の良くなるトウジャンプを増やしていきたい」

 ―ハイレベルな争いだった。

 「すみません。僕はハイレベルじゃなかった(笑い)」

 ―楽しかったか。

 「楽しかった。やっぱり300点をちょっと超えただけでは勝てないなという気持ち。とにかく強くなりたい」

 ◆羽生の右足首故障後の経過

 ▽18年11月17日 GPロシア杯フリー当日の朝練習中に4回転ループで転倒し、右足首負傷。

 ▽29日 GPファイナル欠場を発表。日本での精密検査の結果は右足関節外側靱帯(じんたい)損傷、三角靱帯損傷、右腓骨(ひこつ)筋腱(けん)部分損傷。3週間の安静と患部固定、その後リハビリ加療に約1か月を要する見込みと診断。

 ▽12月13日 全日本選手権欠場を発表。「1日でも早く痛みや制限がなくなり、競技に復帰できるよう努めてまいります」

 ▽24日 実績を考慮し、世界選手権代表に選出。

 ▽19年2月20日 日本スケート連盟を通じ「年が明けてから氷上練習を始めました。ジャンプについては世界選手権に向け調整しています」。

 ▽3月18日 拠点のトロントから日本へ。120日ぶり公の場。

 ▽21日 世界選手権SPは4回転サルコーが2回転になり94.87点の3位。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請