【ソフトバンク】サファテ、調整遅れで無期限2軍

ウォーミングアップに参加せず、股関節を気にするサファテ
ウォーミングアップに参加せず、股関節を気にするサファテ

◆オープン戦 ソフトバンク5―2広島(23日・福岡ヤフオクドーム)

 ソフトバンクのデニス・サファテ投手(37)の“無期限2軍調整”が23日、決まった。予定されていた24日の広島とのオープン戦(マツダ)での登板を回避。開幕は2軍スタートで「時間をかけて、納得できる状態にしたい。期限を決めず進めたい」と、今後は福岡・筑後市内のファーム施設で調整する。

 昨年4月に右股関節を手術。今年2月の春季キャンプ途中に来日し、開幕1軍を目指してきた。だが、17日のヤクルト戦(神宮)では球場のスピードガンで「中学生以来」という132キロの直球もあった。「11か月は思った以上に長かった」とブランクを痛感。工藤監督も「時間を作って、もう一度いい状態にしてもらう」と昇格の期限は設定しなかった。

 名球会入りの条件となる通算250セーブまで残り16に迫っている守護神右腕。今季は本人にも、チームにも“苦難”の船出となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請