【オリックス】1、2番コンビが活躍 西村監督「いい形で点が取れた」

9回2死二塁、右中間に適時三塁打を放った福田
9回2死二塁、右中間に適時三塁打を放った福田

◆オープン戦 阪神2―4オリックス(23日・京セラドーム大阪)

 オリックスが1、2番コンビの活躍で得点を重ねた。初回に1番・福田が右中間への三塁打を放つと、2番・西浦の二ゴロであっさり先制した。1―0の5回2死満塁では西浦が中前2点打。3―2の9回2死二塁では福田が右中間へ適時三塁打を放って、阪神を突き放した。

 福田は5回2死一、三塁で四球を選ぶと、7回2死二塁でも四球。「落ち着いて打席に入れている。得点圏に走者がいて四球を取れた。かえす気持ちが強いと手が出てしまうけど引きつけて見れた」と2本の三塁打よりも2四球に満足した。西村監督は「いい形で点が取れた。1、2番が今日くらいの仕事をしてくれたらいい」と評価した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請