宇野昌磨、4回転3種類を着氷の万全仕上げ 3大会連続表彰台へSP6位から巻き返す

最終調整する宇野昌磨
最終調整する宇野昌磨

◆フィギュアスケート 世界選手権 最終日(23日、さいたまスーパーアリーナ)

 男子フリーの公式練習が行われ、18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=はフリップ、トウループ、サルコーの3種類の4回転ジャンプを着氷し、順調に最終調整を終えた。

 フリー曲「月光」に乗せた練習では、冒頭の4回転サルコーは2回転になるミスが出たものの、続けて4回転フリップ、4回転トウループを着氷。樋口美穂子コーチとの会話を挟み、4回転トウループ―2回転トウループを着氷した。続くトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)―1オイラー―3回転フリップでは、最後に転倒するミス。最後に4回転フリップを降りた。

 曲かけ後の練習では、ミスが出た部分を修正。4回転サルコー、トリプルアクセル―1オイラー―3回転フリップを着氷。曲かけ中に跳ばなかったサルコー―トウループの連続3回転ジャンプも降りて、納得の表情。練習開始から25分ほどが過ぎた段階で、最終組6人の中で最も早く練習を切り上げた。

 フリー20番滑走の宇野は、23日午後8時46分に登場予定。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請