NGT山口真帆、運営側が用意した謝罪文をツイッターで公開「違う文章を考えて何度も交渉しました」

山口真帆
山口真帆

 NGT48の山口真帆(23)が22日、昨年12月にファンの男性から暴行を受けた事件について、運営会社のAKSが新潟市内で第三者委員会の調査報告書の説明会を行ったが約3時間に及ぶ会見の途中に自身のツイッターを更新した。

 今回の問題は、1月9日、山口が自身のSNSで昨年12月8日に暴行被害に遭ったことやメンバーの関与があったと告白。事件翌日、男性2人が新潟県警に逮捕されるも不起訴処分。1月10日に山口がNGTの劇場3周年公演で“騒動”を謝罪し、運営は一部メンバーが帰宅時間を教えるなどの関与があったと公表。だが、3月21日に「メンバーが関与した事実はなかった」という第三者委員会の調査結果を発表。運営のAKSは暴行したファンに対して民事上の法的措置を検討するとした。

 ツイッターでは、山口は、謝罪について運営責任者の松村匠氏から要求されたと明かした。これを松村氏は否定したが、続けて更新したツイッターで山口は、松村氏が用意した謝罪文を公開した。

 山口は「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりと言うのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」とツイートした。

 さらに連続で更新し「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい。松村匠取締役が当初言うように考えた文章です。他のメンバーに謝らせることはできないから、謝るしかなかったけど、スッキリも誤解もしていないし、どうしてもこの言葉は使いたくないと違う文章を考えて何度も交渉しました」とつづり、松村氏が考えた「今回は皆様をお騒がせて申し訳ありません。色々話してスッキリしたこともありますし誤解してたこともあります。これがきっかけになったらと思います。頑張りますのでどうぞ応援よろしくお願いします。」との文章を公開していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請