坂本花織、自己新も5位「悔しい」 後半に痛恨ミス…表彰台届かず涙

5位に終わった坂本
5位に終わった坂本

◆フィギュアスケート世界選手権 第3日(22日、さいたまスーパーアリーナ)

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の坂本花織(18)=シスメックス=は5位に終わった。

 演技を終えた坂本は、頭を抱えたまま苦笑いを浮かべた。「四大陸選手権の後、すごく練習してきたことを出し切れなかったのが悔しい」。222・83点の自己ベストをマークしながら表彰台に0・97点届かず、涙で声を詰まらせた。約2点の間に2位から5位の4人がひしめく大混戦で、後半の3回転フリップが1回転になるミスが響いた。

 定評のあるジャンプに、今季は表現力が新たな武器として備わった。昨季の自分の滑りを「ただ滑っているだけだった」と苦笑いで振り返る。振付師のブノア・リショー氏の指導のもと、フリー「ピアノ・レッスン」の世界観を演じ上げた。芸術面を評価する演技構成点はザギトワに次ぐ全体2位の73・26点。5項目中4項目で9点台をそろえてみせた。いつもは辛口の中野園子コーチも「今季は大人のスケートができるようになった」と評価した。

 GPファイナル、四大陸選手権は4位。初出場の世界選手権は5位と、あと一歩が足りずに悔しい思いを繰り返した。「気持ちも体もしっかり一からつくり直して頑張っていきたい」。トリプルアクセル挑戦を視野に入れる来季、全日本女王がさらなる飛躍を遂げる。(高木 恵)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請