【楽天】石井GMが同学年のイチローとの爆笑エピソードを明かす

 楽天の石井一久GM(45)が22日の中日戦(ナゴヤD)の試合前に取材に応じ、同学年で同時期にメジャーでもプレーしたイチローとの爆笑エピソードの数々を明かした。

 現役引退を表明したイチローに「同い年として、すごく頑張ったなあと思います」とねぎらった石井GM。現役時代の思い出を聞かれると「僕がメジャー1年目のオープン戦の時。実力を示さないといけないのに、遠慮なくホームランを打ってくれたり(笑い)。もうちょっと手加減してくれるかとは思ったんですけど」。実際は2打数2安打1四球だったが、報道陣からは笑いが起きあがった。

 さらに「48年会は、僕とイチローしか毎年不参加の人はいない。そういう共通点ぐらいはあります」と続けた。また、一番の思い出には「お肉を1枚1枚、丹念にしっかり育てながら焼くのが、性格の差が出るなと思いました」と、一緒に焼き肉に行ったシーンを挙げた。

 今後については「僕の知ったことじゃないので」と笑いながらも「想像がつくことはしてほしくない。人のやったことのないことを常にやってきた選手だったので、同級生として、人生を通してそういう存在であってほしいなあと思います」とエールを送っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請