NGT48山口真帆の主張とAKS説明で食い違い…1月公演での「謝罪」巡り

調査報告会見中、山口真帆のツイッターを記者から見せられるAKS・松村匠氏
調査報告会見中、山口真帆のツイッターを記者から見せられるAKS・松村匠氏

 NGT48の山口真帆(23)が昨年12月にファンの男性から暴行を受けた事件について、運営会社のAKSが22日、新潟市内で会見。第三者委員会による調査結果を発表した。山口はこの会見に並行する形でツイッターを更新した。

 ネット中継などで会見を見ていると思われる山口は「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい。松村匠取締役が当初言うように考えた文章です。他のメンバーに謝らせることはできないから、謝るしかなかったけど、スッキリも誤解もしていないし、どうしてもこの言葉は使いたくないと違う文章を考えて何度も交渉しました」とつづった。

 そして画像を貼り付ける形で「今回は皆様をお騒がせて申し訳ありません。色々話してスッキリしたこともありますし誤解してたこともあります。これがきっかけになったらと思います。頑張りますのでどうぞ応援よろしくお願いします」と文面案を記した。

 会見では、このツイートに関する質問が即座に出た。松村氏は画像について「私があれしたものではありません」と説明。他のスタッフが送信した可能性について問われると「それは分かりません。本人が誰とやりとりしたか分かりません」とした。

 山口は事件発覚後の1月10日に行われたグループの3周年記念公演でファンに対し「この度はたくさんお騒がせして、誠に申し訳ありませんでした」と謝罪。さらに「私にも守りたいものがあり、このような形での発信になりました。お世話になった方にもご迷惑をかけて申し訳ないと思っています」と頭を下げていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請