龍野、投打かみ合い4強入り決めた!連覇へ自信…第7回『夢』兵庫県中学硬式野球親善交流大会

準決勝でランニング本塁打を放った龍野・小倉
準決勝でランニング本塁打を放った龍野・小倉

◆第7回『夢』兵庫県中学硬式野球親善交流大会 ◇中学生の部▽準々決勝 高砂宝殿ボーイズ1―6龍野ボーイズ(16日・香寺球場姫路ほか)

 「第7回『夢』兵庫県中学硬式野球親善交流大会」では、ボーイズ対決となった準々決勝で龍野ボーイズが勝利。4強入りを決めた。

 投打がかみ合った龍野がボーイズ対決を制し、ベスト4進出を決めた。

 2回戦は2回1死二塁から小倉が「球がよく見えた」と右中間へのランニング本塁打を放ち、2点を先取。3回には小塚の適時打の後、粕谷が2点三塁打。本塁を狙い、タッチアウトとなったが「足には自信があるが、なぜかホームが遠かった」と笑顔。4回完封の山内は「コントロールが悪かったのが反省点。相手に気力で勝ったので点は取られなかった」と胸を張った。

 ボーイズ対決となった準々決勝は、先発・森が「スライダーが引っかかり、立ち上がり良くなかった」と先制こそ許したが、以後ストレート中心に安定した投球を披露。打線も3回、小塚の適時打で追いつくと、4回は押し出し四球や相手守備の乱れをつき、3点勝ち越し。7回にも粕谷がダメ押しの右越え二塁打を放ち、勝負を決めた。

 6回1失点の森は「ファーストストライクを取ることと、先制点を与えないこと」と反省。次戦に向け、北監督は「皆で頑張ろう、勝って皆で喜ぼう」と優しく語りかけ、連覇への自信をみせた。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請