福知山、投打かみ合い初戦突破!…第10回古都記念大会

4回2死二塁で適時二塁打を放った福知山・内藤。待望の追加点を挙げた
4回2死二塁で適時二塁打を放った福知山・内藤。待望の追加点を挙げた

◆第10回古都記念大会 ◇中学1年生の部▽2回戦 関西女子1―3福知山ボーイズ(16日・佐藤薬品スタジアムほか)

 「第10回古都記念大会」が開幕し、福知山ボーイズが白星発進した。投打がかみ合った福知山が初戦を突破。初優勝に向け弾みをつけた。

 先発の岩松は「最初は指に力が入りすぎて、思い通りにコントロールできなかった」と不満を口にしたが、ストレートがさえ、3回を9人でぴしゃり。4、5回は先頭打者に安打を許したが、落ち着いた投球で後続を打ち取った。「守ってくれる仲間のことも考えて、テンポよく投げることに気をつけた」と完投勝利を挙げた。

 打線も2回、岩鼻主将の二塁打を足がかりにバッテリーエラーで先制点を奪うと、4回は2死二塁から内藤が「どうしても追加点が欲しかった。三振だけはしないように思い切り振り抜いた」と左中間へ適時二塁打。続く寺地も左翼線へ適時二塁打を放ち、2点を援護した。寺地は「次につなげようと思った。今まで凡退してたんで、ここでしっかり打ててほっとした」とほほ笑んだ。

 初戦突破に、岩鼻主将は「凡ミスもあったけど、投手を中心にリズムをつくれたし、打線はいいところで結果が出た。当たり前のプレーを当たり前にして、点を取れるところではきっちり取っていきたい」と、次戦に向けてかぶとの緒を締めた。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請