坂本花織、一人居残りジャンプ「フリーのノーミスをするだけだと思ってる」

練習する坂本花織(カメラ・矢口 亨)
練習する坂本花織(カメラ・矢口 亨)

◆フィギュアスケート 世界選手権 第2日(21日・さいたまスーパーアリーナ)

 フィギュアスケートの世界選手権は22日に女子のフリーがさいたまスーパーアリーナで行われる。21日のサブリンクでの練習では、首位と11・18点差を追いかける7位の紀平梨花(16)=関大KFSC=がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で驚異の安定感を発揮。練習終盤に、7本連続で着氷するなど感覚が戻ってきた。2位につけた坂本花織(18)=シスメックス=、SP8位の宮原知子(20)=関大=も調整した。

 坂本が入念すぎるほどの最終調整を行った。最終組の練習では、最後まで一人居残り、ジャンプを黙々と繰り返した。中野園子コーチとも、何度も動きを確認した。20日のSPではほぼ完璧な演技で2位。世界歴代3位となる自己ベストの76・86点をマークした。SP後には「頂点は目指しているけど、今、あとはフリーのノーミスをするだけだと思ってるので。もう今気持ちも前向きに捉えているつもりです」と、すぐさまフリーに目を向けていた。

 2月の四大陸選手権では、首位に0・55差の2位スタートから、フリーではミスが重なって4位だった。初出場の大舞台を「楽しかった。何か今まではここダメだったな、あそこダメだったなって後々思うけど、今回はすごいやり切ったって感じがする」と全身全霊で楽しんでいる。2月と同じ轍(てつ)は踏まず、進化した姿を見せる。(太田 倫)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請