NGT暴行事件、メンバー関与なし…第三者委が調査結果発表 暴行ファンには法的措置検討

NGT48の山口真帆
NGT48の山口真帆

 NGT48の山口真帆(23)が昨年12月にファンの男性から暴行を受けた事件について、運営会社のAKSは21日、公式サイトで第三者委員会による調査結果を発表し「事件そのものにNGT48のメンバーが関与した事実はなかった」とした。暴行したファンに対し民事上の法的措置を検討する。

 AKSによると「メンバーが私的領域におけるファンとのつながりがあった」ことは認め「特定のファンを優遇する行為として、不適切」と判断した。その一方で責任は、スタッフとメンバーに対して「明確な基準を示して適切な指導ができていなかった当社」にあると認定。これまでのメンバーとファンとのつながりや、風紀の乱れについて「今回は不問に致します」とした。

 今後は送迎時やメンバーが住むマンション、握手会などで管理体制を強化。特定のファンとのつながりを阻止していくという。

 AKSでは22日に運営責任者の松村匠氏、NGT劇場支配人の早川麻依子氏らが会見し詳細を説明する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請