菊池雄星、初先発初勝利とはならず…勝利投手の権利目前で降板

スポーツ報知
4回の守備を終え、右飛を処理したイチロー(左)を出迎える菊池雄星

◆MLB日本開幕戦 アスレチックス―マリナーズ(21日・東京ドーム)

 マリナーズの菊池雄星投手(27)が開幕2戦目となる21日のアスレチックス戦(東京D)に先発し、3―1となった5回2死一、二塁という場面でマウンドを退いた。

 菊池の記念すべきメジャー1球目は低めに決まる146キロの直球。先頭打者のセミエンが6球目を打つと、一塁側へボテボテのゴロ。自らボールをつかみそのままベースを踏んで最初のアウトを奪った。続くチャプマンは空振り三振。ピスコティは右飛でイチローがボールをつかみ3者凡退に抑えた。

 2回は先頭打者に四球を与えたが後続を断った。3回は初めて得点圏に走者を進められたが無失点で切り抜けた。4回は3者凡退。

 3―0で迎えた5回、連打を浴び無死一、二塁。その後、2死としたが適時打を浴び1点を失うと、勝利投手の権利をつかむまであと1死という場面で交代を告げられた。

 日本人投手の開幕2戦目先発デビューは09年上原(オリオールズ)と並んで最も早く、「3・21」に白星を挙げれば日本人最速となる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請