船井龍一、5・4世界初挑戦「新元号初の日本人世界王者」狙う

世界挑戦が決まりポーズを決める船井龍一
世界挑戦が決まりポーズを決める船井龍一

 プロボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王者でIBF世界同級1位の船井龍一(33)=ワタナベ=が20日、都内で会見し、5月4日(日本時間5日)に米カリフォルニア州ストックトンでIBF王者ジェルウィン・アンカハス(27)=フィリピン=への世界初挑戦を発表した。プロ15年目の船井の戦績は31勝(22KO)7敗、V7戦のアンカハスは30勝(20KO)1敗2分け。

 2月18日に黒田雅之(川崎新田)が5月13日のIBF世界フライ級王座挑戦を発表。「新元号初の日本人世界王者」を見据えていたが、先にチャンスが巡ってきた船井は「モチベーションがすごく上がる。元号が変わる度に自分が特集されるかも」と気合を入れた。日本人の海外世界戦は、昨年大みそかの井岡一翔(29)ら4連敗中。「勝つために行く」と王座奪取を狙う。(浜田 洋平)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請