斎藤工、主演作公開で「ホッとした気持ちでいっぱい」瀧容疑者が出演

映画「麻雀放浪記2020」イベントに登場した(左から)白石和彌監督、ベッキー、斎藤工、もも、竹中直人
映画「麻雀放浪記2020」イベントに登場した(左から)白石和彌監督、ベッキー、斎藤工、もも、竹中直人

 俳優の斎藤工(37)が20日、都内で行われた主演映画「麻雀放浪記2020」(4月5日公開、白石和彌監督)の完成報告ステージイベントに出席した。

 同作にはコカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が出演。配給の東映はこの日午前、会見で予定通り4月5日に公開することを正式発表した。

 会見を受け、500人のファンの前に笑顔で登場した斎藤は「ホッとした気持ちでいっぱいです」と安堵(あんど)した。瀧容疑者は中止となった東京五輪の元五輪組織委員会会長という役どころ。2020年パートで欠かせない重要なシーンに度々出演している。斎藤自身も「映画、ドラマの重要な1ピース」と一目置いていたため「(逮捕の)一報を聞いた時には、状況を咀嚼(そしゃく)できなかった。大きなうねりの始まりを見る恐ろしさがあった。誰よりも苦しい白石さんに電話をしてしまった」と激しく動揺したことを告白。紆余(うよ)曲折経て公開される主演作を「見たことない映画。自信作です」とアピールした。

 同作は公開前に試写会を一切しない方針を取っている。この日も本編は披露しなかったが、サプライズで和田誠監督がメガホンを執った映画「麻雀放浪記」(1984年公開、真田広之主演)を劇場で上映。観客全員に同作のムビチケも無料で配布した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請