だいたひかる、乳がん再発を告白「全摘して再発はごく稀なケース」6日に切除手術受けていた

だいたひかる
だいたひかる

 乳がんを患い2016年2月に右乳房を全摘出したお笑い芸人、だいたひかる(43)が20日、自身のブログを更新し、乳がんの再発を告白した。

 13年にアートディレクターの小泉貴之さんと再婚。16年1月に乳がんの診断を受け、手術を受けただいたは、先月のブログで、胸にしこりを感じ「良性か悪性か見極める事になりました」と報告。3月6日に切除手術を受けていた。

 この日「検査結果は再発でした。全摘しても再発するのか…と皆さんの不安を煽りそうで嫌なのですが、全摘して再発する人はごく稀なケースなので、全摘した皆様ご心配なくです」と告白し、ブログ読者を気づかった。

 また、夫との会話のやりとりをつづって笑いを誘いつつ、今後に向けて「1年に1回の細かい検査で4ミリという、小さい時点で見つけられた事を喜びとして、(今回見逃して1年後にどれ位になるか考えるとゾッとします)ガンはしつこいですが、ガンよりしつこく治療していこうと思います」と再度、がんと戦う決意をつづった。

 ブログ読者からは「応援しています!」「ショックだと思います…が、それでも笑わせてくださるひかるさん、大好きです」「負けないで下さい」などエールが寄せられている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請