美保純、ピエール瀧容疑者出演の「あまちゃん」再放送休止に「ショック」…江原啓之氏「作品に罪はない」

美保純
美保純

 女優の美保純(58)が20日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に生出演。コカイン使用(麻薬取締法違反)の疑いで逮捕された俳優でミュージシャンのピエール瀧容疑者(51)の出演映画「麻雀放浪記2020」が予定どおり公開されることになったことについて「よかった」と擁護した。さらに、自分も出演した2013年のNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の再放送や配信までが中止になっている現状を「ショックです」と嘆いた。

 水曜レギュラーコメンテーターの美保は、映画公開発表の新聞記事紹介のあとに見解を求められ「公開になったの、すごいよかったと思います。自粛の連鎖が異常で、これもあれもって掘り下げて、いまはもう『あまちゃん』まで行っているのが、ショックなんですよね」と感想を述べ「東北の路線が開通したってお祭りで、再々々々放送くらい(の予定が休止になった)」と、岩手県の三陸鉄道リアス線の開通を祝い「あまちゃん」総集編がNHK BSプレミアムで再放送される予定のはずが休止となった事例を紹介。

 「あまちゃん」での瀧容疑者について「ちょこっと出てくるんですよね、後半に。それでも、とりあえず(再放送を)ストップしなければいけないってのは、しんどいかな」と続けた。

 この話にはスピリチュアリストの江原啓之氏(54)も加わり、「薬物の問題とか起きると、映画や音楽で必ずそういうふうになるでしょ。作品に罪はないので、私はいいと思うんです。ただ、テレビはスポンサーとか付いてたりすると、クレーマーっていっぱいいるでしょ。ただただ愉快犯で、おたくの会社、どうなんだとかって責め立てる人たちもいると思うから、私はなんとも言えないけれど、ただ作品には罪はないなと…。映画とかはいいと思う」と見解を示した。

 映画「麻雀放浪記2020」については、ノーカットで予定通り4月5日に公開することを製作委員会が20日に発表した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請