葉山奨之「僕しかやれない役」一字違いの“葉山則之”で初の刑事役

葉山則之を演じることになった葉山奨之
葉山則之を演じることになった葉山奨之

 二階堂ふみ(24)と亀梨和也(33)がダブル主演するフジテレビ4月期ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」(木曜・後10時)に、俳優の葉山奨之(23)、お笑い芸人・今野浩喜(40)、女優・菊池桃子(50)らが出演することになった。

 二階堂演じる姫川玲子が所属する、警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係。男社会の警察組織において、ノンキャリアにも関わらず27歳という若さで警部補まで成り上がった姫川が、菊田和男(亀梨)ら姫川班のメンバーと共に、難事件の解決に迫る本格派刑事ドラマだ。

 今回、葉山が演じるのは蒲田西署刑事課に勤務する若手の巡査・葉山則之。自身と名前が一字違いの役に「このたび、葉山則之役を務めます葉山奨之です。まさかの漢字一文字違いの役です!このお話をマネージャーさんから聞いた時に、もうこの役は僕しかやれない役だろうと思いました!!!すごく運命を感じています。今回、初の刑事役ということで緊張もしていますが、この運命的な出会いを信じて、全力でお芝居をしたいと思います」と意気込みを語った。

 姫川班との遭遇率が異常に高い神出鬼没な亀有北署の井岡博満役は今野。姫川にストーカーまがいにつきまとい、冷たくあしらわれても全く動じることのない強いハートの持ち主を演じる。また姫川の母・瑞江を菊池が演じ、シリアスなシーンが続く中で二階堂と母娘関係を表現する。

 さらに今回、東京都監察医務院の監察医・國奥定之助役に伊武雅刀(69)。姫川が所属する殺人犯捜査第十係係長(警部)・今泉春男を山口馬木也(46)。そして姫川の良き理解者であり、全幅の信頼を置いて姫川の捜査を援護する警視庁捜査一課管理官(警視)の橋爪俊介役として岡田浩暉(53)が出演することになった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請