フジテレビ「大奥」億超え衣装 木村文乃「尻込みした」

ドラマ「大奥 最終章」記者会見に出席した(左から)鈴木保奈美、木村文乃、小池栄子
ドラマ「大奥 最終章」記者会見に出席した(左から)鈴木保奈美、木村文乃、小池栄子

 女優の木村文乃(31)が20日、都内でフジテレビ系の主演ドラマ「大奥 最終章」(25日放送、後8時)の記者会見に出席した。

 これまで連ドラ3本、単発ドラマ6本、映画にもなった人気シリーズの完結編。江戸時代、8代・徳川吉宗政権で大奥に暮らす女性たちの日常が描かれる。シリーズ初出演となる木村は吉宗の側室・久免(くめ)を演じる。

 フジテレビ開局60周年記念企画ということもあり総力を結集。衣装の総額は1億円超え。この日、木村と小池栄子(38)、鈴木保奈美(52)が役衣装の着物姿で登場した。木村は「衣装代を聞いて尻込みしましたが、(将軍の娘役の)浜辺さんの掛けが1000万円と聞いて気持ちが軽くなりました」と笑顔。6代将軍家宣の妻・天英院役の鈴木も「袖を通すだけで本当に偉くなったような気持ちを呼び起こすことができる」と続いた。

 役では大奥を仕切る天英院と、7代将軍家継の母・月光院(小池)とのバトルもみどころ。小池は「きれいなお顔と声で嫌みを言われる。ロックされると凍り付きました。メッチャ怖かった」と回想。鈴木も「もっとやりたかったね」とほほ笑んだ。

 またプライベートでのバトルについて聞かれると鈴木は「私はけんかっ早いんですよね」と意外な一面を告白。だが「サッと行ってサクッと終わる。引きずるの苦手なんですよね」と明かしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請