瀬戸康史、大哺乳類展2の音声ガイドナビゲーター「ゴマフアザラシを触ってほしい」

東京・国立科学博物館で開幕する「大哺乳類展2」の報道内覧会に出席した瀬戸康史
東京・国立科学博物館で開幕する「大哺乳類展2」の報道内覧会に出席した瀬戸康史

 俳優の瀬戸康史(30)が20日、東京・国立科学博物館で開幕する特別展「大哺乳類展2―みんなの生き残り作戦」(21日から6月16日まで)の報道内覧会に出席した。

 哺乳類の剥製、骨格標本など500点以上を展示。獣医を目指したこともあるという瀬戸は「実物を前にしてみると、こんなに大きいのかと、大きさにビックリしました。ゴマフアザラシ(の剥製)を触ってほしい。気持ち良かったです」。同展の音声ガイドナビゲーターを担当。「自分の声なんで、照れ臭い部分はあります。哺乳類たちについて、様々なことがより深く聴けると思う」と話した。

 この日のために制作したデジタルアート作品「mammalian&technology」が、お披露目された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請