【日本ハム】右手有鈎骨骨折の清宮がネットスローを再開

右手有鈎骨骨折からの復帰を目指す日本ハム・清宮(カメラ・小島 和之)
右手有鈎骨骨折からの復帰を目指す日本ハム・清宮(カメラ・小島 和之)

 右手有鈎(ゆうこう)骨骨折からの復帰を目指す日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が20日、5日の骨片摘出手術後初めて送球練習を再開した。19日に患部の抜糸を行い、この日は千葉・鎌ケ谷の2軍施設リハビリに参加。約3メートルの距離でネットに向かって50球を投じ、「問題なかった。思ったよりも良かったです」と振り返った。

 練習中には、過去に同箇所の骨折と手術を経験した中田と話す場面も。「俺は2週間くらいで振っていたけどね」とハッパをかけられたといい、「できるだけ早く復帰できるように」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請