ピエール瀧容疑者出演「麻雀放浪記」公開決定 「お断り」入れ、薬物シーンもノーカット

映画「麻雀放浪記2020」公開に関する会見に出席した東映の多田憲之代表取締役社長(左)と白石和彌監督
映画「麻雀放浪記2020」公開に関する会見に出席した東映の多田憲之代表取締役社長(左)と白石和彌監督

 東映は20日、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が出演する映画「麻雀放浪記2020」(白石和弥監督)を予定通り、4月5日に公開することを正式に発表した。

 劇中では、覚醒剤を打つ場面が出てくる。瀧容疑者でない違う俳優が演じているが、そのシーンの扱いについて白石監督は「原作に出てくる通り、戦後にヒロポン(現在の覚醒剤)を打つところは出てきます。その時は合法だったので」と大事な意味を持つことから、そのまま使用される。

 なお公開決定にあたり、本編冒頭やポスターにピエール瀧が出演していることを伝える「お断り」を入れることも発表した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請