ピエール瀧容疑者出演「麻雀放浪記」4月公開発表、白石監督は涙ぐみ「バカやろうだ」

映画「麻雀放浪記2020」公開に関する会見に出席した白石和彌監督
映画「麻雀放浪記2020」公開に関する会見に出席した白石和彌監督

 東映は20日、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が出演する映画「麻雀放浪記2020」(白石和弥監督)を予定通り、4月5日に公開することを正式に発表した。

 この日、東京・東映本社で多田憲之社長、白石監督が会見。多田社長は「製作委員会の中でいまも議論は続いている。公開中止、延期、再編集の話も出た配給を受け持つ東映として結論を出さなければならない」といい、「作品には罪はないのではないか。あえて出演シーンをカットせずノーカットで上映することを決めた」として封切りに踏み切るに至ったいきさつを説明をした。

 本編の最初に瀧容疑者が出演している趣旨のテロップを流す。瀧容疑者はこの映画で戦争で東京五輪が中止になってしまう2020年の五輪組織委員会の元会長役。主人公とも関わる主要な役のひとつを演じている。

 「凶悪」「孤狼の血」など白石作品の常連だった瀧容疑者。「男っぷりにほれていた。監督として引き上げてくれた人」と全幅の信頼を寄せていただけに、監督は涙ぐみながら「憤りを感じる。バカやろうだ」とやるせなさをにじませた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請