退任表明のJOC竹田会長に慰留相次ぐ 塚原光男氏「責任の放棄になるんじゃないか」

 2020年東京五輪招致疑惑でフランス司法当局の捜査対象となった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が19日、都内で開かれた理事会で今年6月の任期満了で退任することを表明した。

 理事会では、東京五輪招致に尽力してきた竹田会長を慰留する声も相次いだ。黒川光隆監事は「報道が先行して(辞任が)規定路線になっているが、誰がそういう情報を流しているのか。公益法人として、もっと強い立場で意見を言うべきではないか」。塚原光男理事(日本体操協会副会長)も「20年が終結なんだから、リーダーシップをとるのが当然。1年前に辞めることは、責任の放棄になるんじゃないか。名誉毀損されたままで終わるんですか? 我々の代表がそれでいいんですか?」と投げかけた。

 小谷実可子理事も「愛のある厳しいコメントで、塚原さんらしいなと思った。根底にある思いは同じ。マイナスイメージを食い止めるために辞めるのならば、会長が持っているその優しさは行動では出さないで、歯を食いしばってやって欲しかった」と述べた。

 竹田会長はIOC理事職を含め、全ての役職から身を引く考え。小谷理事は「(東京五輪)招致活動については、どれだけ努力されてきたかを見てきた。飛行機で皆が寝て暗い中でも、ペンライトをさして書類に目を通したり、トイレにこもってスピーチの練習をして出てこなかったり。心血を注いできたからこそ、JOCや東京五輪のサポートをして欲しい。次の理事会で是非そういう話をして欲しい」と、何らかの名誉職への就任を願っていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請