宮藤官九郎氏、「いだてん」代役・三宅弘城決定に「それは…」言葉を詰まらせる

記者会見に出席した宮藤官九郎
記者会見に出席した宮藤官九郎

 NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜・後8時)の脚本を担当する宮藤官九郎氏(48)が19日、都内で行われたTBSラジオの新ワイド番組「ACTION」(月~金曜・後3時半)発表記者会見に出席した。「ACTION」は4月からスタートし、宮藤氏は月曜パーソナリティを担当する。

 「いだてん」に出演していた、テクノユニット「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)がコカインを使用したとして麻薬取締法違反の疑いで12日に逮捕されてから、宮藤氏が報道陣の前に姿を見せるのは初めて。

 黒いハットを被り、少し疲れた表情で登壇した宮藤氏は会見冒頭、「最終的に(TBSラジオの顔的存在)大沢悠里さんのようになりたい。7000回以上? やってみたい」と意欲を見せた。

 大河の脚本と平行しながら週1回のレギュラー番組を担当することになるが、「(脚本は)思ったより早く進み、後半暇になりそうなので週1回、心のリハビリになるかと思う。(大河が放送される)日曜の翌日の月曜なので一喜一憂すると思う」。脚本に影響はないかと聞かれると、「影響はないです」と答えた。

 NHKはこの日午後、本紙既報通り、瀧容疑者の代役が俳優の三宅弘城(51)に決定したことを発表。三宅は、人気劇団「ナイロン100℃」の看板俳優で、宮藤氏と同じ「大人計画」に所属。ロックバンド「グループ魂」のドラム担当としても知られる。宮藤氏は三宅に関して聞かれると「それは…」と言葉を詰まらせた。

 瀧容疑者は、主人公の陸上選手・金栗四三(中村勘九郎)が信頼を置く足袋店「播磨屋」の店主・黒坂辛作を演じていた。すでに6月放送回まで撮影は進んでいたが、瀧容疑者はストーリー上、重要な役どころで、出演シーンをすべてカットして対応するのは困難であることから、制作陣は代役で撮り直すことを決断。今後は編集作業と並行しながら、三宅で新たに撮影したシーンに差し替えていくことになりそうだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請