【広島】ドラ2島内、実戦8試合無失点で開幕1軍当確 青木、山田哲、雄平斬り

2番手で好投した広島ルーキーの島内
2番手で好投した広島ルーキーの島内

◆オープン戦 ヤクルト3―4広島(19日・神宮)

 広島の安部友裕内野手(29)が逆転2ランを放ち、先発・野村祐輔投手(29)も初回に3点を失いながら2回からの4イニングは無失点と粘投。ドラフト2位の島内颯太郎投手(22)は1点リードの6回に登板して1イニングを無失点。紅白戦、練習試合を含めた実戦の無失点を8試合9回2/3に伸ばした。チームはビジターで無敗の4連勝(1分け)を飾り、オープン戦は通算7勝2敗2分け。残り5試合に全敗しても負け越しはなくなり、3年ぶりのオープン戦勝率5割以上が確定した。

 もはや風格すら漂わせていた。島内にとって、九州共立大のエースとして臨んだ昨年11月の神宮大会(初戦敗退)以来の神宮マウンド。青木、山田哲を打ち取り、2死からバレンティンに中前打を浴びたが、2死二塁で雄平を見逃し三振に仕留めた。ヤクルトが誇るビッグネームを料理したルーキーは「球は走ってなかったんですが、丁寧に投げたのが良かった。スライダーでストライクが取れているし、打者が真っすぐだと思って振っている感じがありました。腕が振れているからかな」と胸を張った。

 文句なく、開幕1軍を手中に収めている。佐々岡真司投手コーチ(51)は「(勝ちパターンで起用?)それも選択肢のひとつ」と勝利の方程式として計算している様子。「神宮のマウンドを経験させたかったんだけど、いいものを見せてくれた。(ルーキーが開幕1軍にいることで)中継ぎ陣の刺激になると思う」と、島内の存在でブルペンが活気づく効果も期待した。

 謙虚な大卒右腕は「(開幕1軍?)最後まで頑張ります」と柔らかな笑みを見せた。広島では開幕ローテ入りが決定的な3年目左腕・床田寛樹投手(24)と並ぶ新人王の有力候補。新戦力がチームを4連覇へ導く原動力になる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請