羽生結弦、4か月ぶりの実戦で「自分に勝ちきれるような演技をする」

公式練習で演技する羽生結弦
公式練習で演技する羽生結弦

◆フィギュアスケート 世界選手権(19日・さいたまスーパーアリーナ)

 男子の日本代表選手による会見が開かれ、右足首のけがから約4か月ぶりの実戦復帰となる羽生結弦(24)=ANA=が意気込みを語った。羽生は18日に拠点のカナダ・トロントから日本に到着。19日11時からの公式練習に参加した。男子ショートプログラム(SP)は21日、フリーは23日に行われる。

 ―重点を置いて準備してきたことは

 「(足首は)まだ完治ではないんですけど、試合に出られる状態に戻すことをやってきた。いろんな方のサポートを受けて、いろんな練習をして試合に出られる状態になった。とにかく練習の過程において、いろんな方々にサポートして頂いたので、感謝しながら滑りたい」

 ―現在の状態は何%? 去年の五輪と違いはあるか

 「自分の求める100%から、胸を張って100%と言える状態。今の自分の世界選手権に向けてでは100%。五輪とは似ているところもあるなという感覚もありつつ、五輪とまた違った緊張感がある。日本ということでまた違った注目のされ方で、緊張感が違ってきている。違ったところもある意味、楽しみながらいければ」

 ―この大会で成し遂げたいことは

 「自分が演技してきたもの、練習、試合も含めて全ての自分に勝ちきれるような演技をすることが1番の目標」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請