堂安、フル出場で見せ場作った

◆オランダ・エールディビジ第26節 フローニンゲン1-0デンハーグ(17日、フローニンゲン)

 日本代表MF堂安律とU―22代表DF板倉滉のフローニンゲンは、ホームでデンハーグに1―0で勝利した。堂安はフル出場し、7試合連続負けなし(5勝2分け)に貢献。板倉はベンチ入りも出番はなかった。ズウォレのU―22代表MF中山雄太は、2―0で勝利したエクセルシオール戦でベンチ入りも出番はなかった。

 フローニンゲン・堂安が出場停止明けで先発復帰。得点には至らなかったが、後半には積極的にミドルシュートを放つなど多くの見せ場を作った。チームは7戦負けなしとなり、「雰囲気はすごくいい」と話した。今回の代表ではコロンビア、ボリビアの南米勢と対戦。6月の南米選手権(ブラジル)に向けた前哨戦となる。「能力は高いので1対1で負けないようにしたい。得点とアシストにこだわりたい」と意気込んだ。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請