日本代表10番問題 森保監督、香川ともにスタッフに一任の考え明かす

笑顔で調整する中島翔哉
笑顔で調整する中島翔哉

◆国際親善試合▽日本代表―コロンビア22日・日産スタジアム)

 日本代表は18日、一部の海外組を除き、横浜市内のホテルに集合後、約1時間の練習を行った。練習後に取材に応じた森保一監督は、MF香川真司の復帰で注目されるMF中島翔哉との「10番問題」に言及。「(担当者に)任せています。10番?私は関与しません。皆さんはその話題を興味を持ってもらえれば」と選定には関わらない考えを明かした。

 この日、取材に応じた香川も「特に。その話は聞かれるとは思っていたから。番号でやるわけじゃない。もちろん、10番は自分にとって誇りですけど、それは誰が決めるかわからない。楽しみです、僕もわからないんで。特に考えてないです」と担当者に一任する考えを明かした。中島は取材対応日ではなかったため、背番号について発言していない。

 W杯やアジア杯などの公式大会では監督が背番号を決めるケースもまれにあるが、多くのケースは日本代表に帯同する協会スタッフが決める。森保監督、香川は慣例通りスタッフに一任する考えで、その結果を興味深く待っていることも共通している。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請