梅宮アンナ、ネットの誹謗中傷に怒り 仕事を失ったことを明かし「私達何かあなたにやりました?」

インスタグラムより@annaumemiya
インスタグラムより@annaumemiya

 タレントの梅宮アンナ(46)が18日、自身のインスタグラムを更新。ネットの誹謗中傷について「本当に心が痛いし、許せない。。本当に」と怒りの言葉をつづった。

 アンナは「今日は、、皆さんに聞いてもらいたい事があります。ネットの誹謗中傷の怖い話と、それに踊らされる人の話」と書き出し、自身について「私はとかくネットで言われがちな人です。これは、公人なら仕方のない事」と説明をした。

 ネットの誹謗中傷の流れについては「Instagram→『sns』yahoo!→ヤフコメ→テレビ→仕事なくなる 笑」だとし、「ネットの悪口は、人を傷つけます。やられた人にはわかるよね。何故それが放置されているのか?私には理解できない」とつづった。

 「ネットの書き込みによって人が死んでしまうケースがある」とし「先日も、ネットのいじめで命を絶つと言う報道をみた。本当に心が痛いし、許せない。。本当に。。書いた方は何とも思わないんでしょうね。書かれた方は、たまったもんじゃないんですよ!!ネットの悪い書き込みも言論の自由で通してよいのだろうか?言論の自由っていつまで言うのかな。。言論の自由を履き違えていると私は思う。。」と心境を明かした。

 自身はネットの誹謗中傷について「私はこれをサイバーテロって呼んでます」とし、「ネットの書き込みにより、仕事を失う事が起きるのです。今回で2回目かな」と仕事がなくなったことを告白した。

 梅宮は先月25日のインスタグラムで娘の百々果さん(17)が体調不良に陥っていることを報告。その後も経過を報告していた。

 この報告についても「私は知らなかったのですが、かなりネットでは、炎上していたそうで。。よくわからないんだけど。。後から知って読んだけど酷い言葉のオンパレードでした。完璧に書き込みは、観点からズレているものしかありませんでした。。何でもそうなんだけど、悪口書く人の共通点は、何事も経験値が低い事。経験が豊富な人はいちいち騒がないからね。毎回思うよ、あなたの短いへんてこりんな物差しで、私を当てはめないで!って」と怒りをぶつけた。

 また、今月6日には父で俳優の梅宮辰夫(80)が昨年9月に前立腺がん、今年1月に尿管がんの手術を受けていたとし、母のクラウディアさんが膠原病も患っていることも明かした。

 「昨日は、父のお見舞いに来てくれた方との、お返し会食会が、ありました。母も体調は、良いそうです。私とモモカ。。いつも力を合わせて、仲良くやってきた。他人から非難される覚えはないし、私達何かあなたにやりました?って聞きたいよ。」と問いかけた。

 続けて「そして今回ネットの悪い記事を気にして、テレビのロケが、なくなったの。ネットの言葉を優先してしまうテレビ局なんだよね。なんか困っちゃう時代ですね。フェイクニュースなのに。仕事をキャンセルされちゃうんだよ。死活問題に発展するのです。これで気にしないで、いられる人は、まずいないと思う。みんなならどうするんだろう。しかも、不当な理由だもの」と仕事をキャンセルされたことを告白した。

 ロケの内容については「私の家の中のロケだった snsで、私のメイク場所が、素敵だからロケしたいと。。。誰もが知っている番組ですよ。。せっかく素敵なモノのだったのにね」と残念がった。「私がね、子供を虐待とかして、警察に捕まったら、テレビキャンセルされるのなら、わかるよ。私が有罪とかさ 私、何にも悪いことしていないのに。。これってないよ」とやるせない気持ちも告白した。

 「だから、わたしは、YouTubeをやろう思ったんだ。やはり、やらないとダメだな。。」とYouTubeを始めることを明かした。

 一連の出来事に関し「久々に落胆したよ。芸能界に入って、落胆に慣れろ!って教わってきたんだけど、なんか、馬鹿馬鹿しくなっちゃったよ。本当に」と疲れ切った様子だった。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請