馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神

【スプリングS】エメラルファイトが接戦制して重賞初V

スプリングSを制したエメラルファイト(左)と2着のファンタジスト(カメラ・池内 雅彦)
スプリングSを制したエメラルファイト(左)と2着のファンタジスト(カメラ・池内 雅彦)

◆第68回スプリングS・G2(3月17日、中山・芝1800メートル、良)

 皐月賞(4月14日、中山)トライアルは、3歳牡馬16頭によって争われた。

 10番人気のエメラルファイト(美浦・相沢郁厩舎、父クロフネ)が直線での競り合いを頭差制して、重賞初制覇を決めた。騎乗していた石川裕紀人騎手(23)=美浦・相沢厩舎=は、17年のラジオNIKKEI賞(セダブリランテス)以来の重賞勝利となった。勝ち時計は1分47秒8。

 2着はメンバー唯一の重賞2勝馬だった1番人気のファンタジスト(武豊騎手)。7番人気の3着、ディキイシーナイト(石橋脩騎手)までに、皐月賞の優先出走権が与えられた。

 石川騎手(エメラルファイト=1着)「弥生賞と比べると、頭数が多かったので、いいポジションでは運べましたが、どうさばくかだと思っていました。直線もかなりいい手応えでいけたので、手応え通りなら、もう少し伸びそうな感じでしたが、坂で一瞬止まりかけたが、外から(ファンタジストに)こられたら、もうひと伸びしてくれました」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請