井上尚弥 ドネアVSテテを予想「判定ならテテ。ドネアの左フックのKOも」WBSS準決勝

井上尚弥
井上尚弥

 プロボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25)=大橋=が17日、都内のWOWOW辰己放送センターでIBF世界ウエルター級タイトルマッチ(米テキサス州アーリントン、AT&Tスタジアムのリング)のゲスト解説に臨んだ。3度目の防衛戦となる同級王者エロール・スペンスJr.(29)=米国=と5階級制覇を狙うマイキー・ガルシア(31)=米国=の頂上決戦。スペンスが3―0の判定勝ちで全勝同士の対決を制した。スペンスの戦績は25勝(21KO)、ガルシアは39勝(30KO)1敗。

 井上は他団体王者らとトーナメント方式で争う「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」の準決勝として、5月18日に英スコットランド・グラスゴーでIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=との対戦を予定している。4月27日には、もう一つの準決勝でWBAスーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=、WBO王者ゾラニ・テテ(31)=南アフリカ=が対戦する。

 決勝に進めば対戦することになるカードに、この日の放送内で井上は「(結果が)気になりますね。ドネアがどこまでバンタム級にフィットさせてくるか。判定ならテテがアウトボクシングをして勝つことが想像できる。でも、ドネアの左フックのKO決着もなんとなく見えてきますし」と予想。「準決勝をしっかり勝って、決勝を日本で開催できるなら、ドネアの方が日本のファンが喜んでくれるんじゃないか。まずは5月の準決勝、簡単な試合にならない。しっかり勝って、このトーナメントで優勝したい」と意気込んだ。

 WBSSの準決勝2試合はともにWOWOWで生中継される。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請