樹木希林さん遺作の独映画で「ゴンドラの唄」8月に日本公開…死去2か月前に撮影、旅館の女将役

独映画「Cherry Blossoms and Demons」の一場面
独映画「Cherry Blossoms and Demons」の一場面

 昨年9月に死去した女優・樹木希林さん(享年75)が亡くなる2か月前に撮影し、遺作となった初の海外映画「Cherry Blossoms and Demons」(英題、ドーリス・デリエ監督)が、8月に日本公開されることが16日、分かった。

 ドイツ作品で樹木さんは主人公の男女(ゴロ・オイラー、入月絢)が訪れる旅館の女将(おかみ)役。昨年7月に神奈川・茅ケ崎館で撮影。いつも通り1人で現場入り。樹木さんは、黒澤明監督の「生きる」(1952年)で、がんで余命を覚悟した主人公(志村喬)がブランコで口ずさむ名曲として知られる「ゴンドラの唄」を披露。これが女優人生、最後の出演シーンとなった。

 親日家のデリエ監督は樹木さん主演の「あん」(2015年)に感動し出演オファー。ドイツで3月に公開後、樹木さんの演技に注目が集まっている。監督は「最後の演技はかなしくも、美しさに満ちている。劇中で情に厚い存在。観客は心をつかまれるだろう」。家族や愛、生きる美しさを描いた。「ゴンドラの唄」については「まるで彼女が私たちに残したメッセージだ」と語っている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請