京口紘人、尊敬するジム先輩・田口良一の敗戦に「チャンピオンが強かった。一枚上手」

8回、田口良一(左)の顔面をとらえる田中恒成
8回、田口良一(左)の顔面をとらえる田中恒成
京口紘人
京口紘人

◆プロボクシング▽WBO世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・田中恒成―同級4位・田口良一(16日、岐阜メモリアルセンターで愛ドーム)

 WBO世界フライ級王者・田中恒成(23)=畑中=が初防衛に成功した。元WBA・IBF世界ライトフライ級統一王者・田口良一(32)=ワタナベ=に3―0の判定勝ち。2年前から対戦を熱望した相手を退け、平成最後の日本人対決を制した。昨年9月に木村翔(30)=青木=から王座を奪い、2試合連続で日本人相手に白星を手にした。田中の戦績は13勝(7KO)、田口は27勝(12KO)4敗2分。

 敗れた田口のジム後輩でWBA世界ライトフライ級王者の京口紘人(25)は、王者・田中の強さをたたえた。リングサイドでテレビ解説を務め、試合後に囲み取材に応じ「チャンピオンが強かった。一枚上手だった。サイドに動くうまさが印象的。強かった。以前のボクシング以上の出来だった。今までは、相手のペースが落ちてきてからが田口さんの展開。チャンピオンは落ちなかった。しっかり練習しているんだなと感じました」と話した。

 田口は昨年5月にヘッキー・ブドラー(30)=南アフリカ=に判定負けして王座陥落。翌日には、ジム内で唯一の世界王者となった京口が「まだジムを背負うとか言えない。田口さんがトップ。まだ背中を見て学びたいことがたくさんある。田口さんならやれると思う」と、進退を保留していた先輩の現役続行を熱望。大みそかには、ミニマム級から1階級上げた京口がブドラーからWBA王座を奪い返し、先輩の敵討ちで2階級制覇を達成した。

 この日の試合後は、田口のことを心から尊敬していただけに「『気持ちで負けたらダメ』っていうのを感じた。それにチャンピオンも応じて、うまさが光っていた」と語った。

8回、田口良一(左)の顔面をとらえる田中恒成
京口紘人
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請