木村翔「やっぱ強い。東京まで走って帰る」田中恒成の初防衛成功に刺激

8回、田口良一(左)の顔面をとらえる田中恒成
8回、田口良一(左)の顔面をとらえる田中恒成
木村翔
木村翔

◆プロボクシング▽WBO世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・田中恒成―同級4位・田口良一(16日、岐阜メモリアルセンターで愛ドーム)

 WBO世界フライ級王者・田中恒成(23)=畑中=が初防衛に成功した。元WBA・IBF世界ライトフライ級統一王者・田口良一(32)=ワタナベ=に3―0の判定勝ち。2年前から対戦を熱望した相手を退け、平成最後の日本人対決を制した。田中の戦績は13勝(7KO)、田口は27勝(12KO)4敗2分。

 前王者・木村翔(30)=青木=は、昨年9月のV3戦で田中に判定負けして王座陥落。この日はリングサイドでテレビ解説を務め「(田中は)気持ちが強い。倒したいんだなというのを10、12ラウンドに感じた。田口さんも疲れていたし。でも、あそこで折れないのも田口さんの良さ。クリンチをしてもアッパーを出していた」とコメント。田中とは自身との対戦で壮絶な打撃戦を繰り広げたこともあり「やっぱ強いっすね。成長している。一発、一発のパンチに芯の強さを感じた」と称賛した。

 自身は2度の世界挑戦経験のあるウィチャー・プライカオ(37)=タイ=と30日に中国・上海で東洋太平洋同級シルバー王座決定戦を予定。「バリバリ刺激をもらいました。東京まで走って帰る。そう思わされた試合」と笑った。

8回、田口良一(左)の顔面をとらえる田中恒成
木村翔
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請