美し過ぎる書家 中塚翠涛のパリ初個展が開幕

パリで個展を開いた中塚翠涛
パリで個展を開いた中塚翠涛

 女性書家の中塚翠涛(なかつか・すいとう=39)の個展が15日、パリの「ギャラリエ ザビエ エックウット」で開幕した。

 フランスでの個展は初めて。「ミュージック」をテーマに、15年間、通い続けたパリで感じた街の音や言葉の響きを表現した。

 パリを初めて訪れたのは15年前で「ギャラリエ―」があるサン・ジェルマン・デ・プレ地区には必ず訪れている。老舗のギャラリーが数多く並び、このエリアでの個展開催を熱望していた。

 前日の14日にはレセプションパーティーを開催。「特にフランスの文化や雰囲気がすごく好きで、空港に到着してから感じるにおいや音、パリの街に毎回来るたびにワクワクや喜びを感じます。自分自身の変化や積み重ねなどが表現出来たらいいなと思っています。現地の方の反応が楽しみです」と笑顔。「この地に来て思うのですが、心穏やかに心躍る豊かな生活をしていきながら、自分のスタイルを持って過ごしていきたいです」と語った。個展は29日まで同所で。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請