【札幌】武蔵“ポスト大迫”へ代表初選出「まだまだここからがスタート」

日本代表に初選出された札幌のFW鈴木武蔵
日本代表に初選出された札幌のFW鈴木武蔵

 親善試合(22日・コロンビア戦、26日・ボリビア戦)に臨む日本代表にFW鈴木武蔵(25)=札幌=ら4人が初選出された。

 札幌のFW鈴木が夢を現実にした。14日は練習オフのため、クラブを通じ「日本代表に選ばれたことを光栄に思います。まだまだここからがスタート。精いっぱい自分らしく頑張ります」とコメントした。今季J2に降格した長崎から完全移籍を決断した理由の1つが「札幌で成長を遂げての日本代表入り」。加入2か月で目標達成。札幌からの代表は1999年の吉原宏太以来、2人目となった。

 開幕3戦で3得点が評価された。185センチの高さに加え、50メートル走5秒台の俊足と優れた身体能力を持つ。それに甘んじず、味方がボールを保持した際、先のプレーを予測し、裏へ抜け出すタイミングを練習から意識してきた。今季挙げたうち2点は、磨いてきたその飛び出しから。16年リオ五輪でも得点した素質に努力が融合し、初代表を勝ち取った。

 今代表には不動のエース大迫勇也が不在で、鎌田とポジションを争う。札幌で代表と同じ1トップを務めるのは強み。高さと速さを併せ持つ武蔵が、日本の新たなオプションに名乗りを上げる。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請