ピエール瀧容疑者、「いだてん」台本の出演場面カットして放送

ピエール瀧容疑者
ピエール瀧容疑者

 コカインを摂取したとして、12日に麻薬取締法違反の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された俳優でテクノユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)が14日、送検された。また、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜・後8時)で、瀧容疑者の出演シーンが“カット”されることが分かった。逮捕余波が広がり、関係各所は対応に追われた。

 瀧容疑者の衝撃の逮捕から2日。NHKはこの日夜、「いだてん」の3月分の放送について、「逮捕された出演者のシーンはありません」と発表した。3月分は17、24、31日の放送を残している。

 関係者によると、逮捕を受けて、瀧容疑者の出演シーンが急きょ変更された。24、31日放送分に関しては当初、瀧容疑者の出演シーンが台本に記されていた。両日分とも短い登場場面だが、主人公やドラマのテーマでもある五輪に関わりのある重要なシーンだという。17日放送分は、当初から容疑者の出演予定はなかった。

 24日の放送が10日後に迫った中、事実上のカットは、同局にとって苦渋の決断だ。瀧容疑者は、劇中で主演の歌舞伎俳優・中村勘九郎(37)演じるマラソン選手・金栗四三を支える足袋店「播磨屋」の店主・黒坂辛作役。物語に欠かせない重要な役どころだった。

 撮影は既に6月放送回まで進んでいる。瀧容疑者は降板が避けられない状況だが、中盤以降も登場する可能性がある役柄だけに、4月以降の出演シーンについても、早急な判断が迫られる。“カット”するにしても膨大な時間を要するとみられ、代役を立てるとなれば、キャスティングと追加撮影が急務となる。共演者のスケジュール調整も難航が予想され、ドラマ全体の撮影工程に大きな影響を及ぼすことは必至だ。

 同局はこの日、容疑者が出演した10日放送分の16日の再放送について、出演シーンをカットして放送することも発表。BSプレミアムで放送予定だった24日の連続テレビ小説「あまちゃん」総集編後編(後1時)など3番組を別の番組に差し替えるとした。

 TBSでも、瀧容疑者が出演していた同局系「人生最高レストラン」(土曜・後11時半)に今後は出演しないことが決定。同番組は、2017年1月にスタート、毎回1組のゲストが“人生で最高においしかった一品”を紹介する。瀧容疑者は「常連客」という設定で不定期に出演してきた。関係者によると、容疑者が出演した収録分はないという。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請