ボートレース戸田【SGクラシック開催まであと1日】山川女子最多9回目出場

6年ぶり9回目の出場の山川。SG出場は38回目で、日高逸子の40回に次いで女子では2番目に多い
6年ぶり9回目の出場の山川。SG出場は38回目で、日高逸子の40回に次いで女子では2番目に多い

 今年のボートレースクラシックで達成されそうな記録や、過去のデータなどを紹介する。

 【桐生に最多チャンス】この大会の優勝経験者は今回、笠原亮(05年)、浜野谷憲吾(07年)、桐生順平(15、17年)、井口佳典(18年)の4人が出場する。最多優勝は彦坂郁雄(引退)の3回だが、今回、桐生が優勝すれば3回目となり最多タイとなる。

 【井口にチャンス】連覇しているのは西島義則(97、98年)だけ。昨年覇者の井口が優勝なら史上2人目。

 【山川の出場回数】女子は山川美由紀、遠藤エミ、長嶋万記、松本晶恵、中谷朋子の5人が出場する。16、17、18年の4人を上回り、史上最多となる。山川は6年ぶり9回目の出場だ。女子では最多出場で5回の鵜飼菜穂子を大きく引き離している。SG出場は38回目で、ほかの4人のSG出場回数(遠藤16、長嶋10、松本6、中谷2)を合計しても山川には及ばない。

 【戸田では7年ぶり】戸田でのSG開催は12年のクラシック以来7年ぶり20回目となる。地元埼玉支部の優勝は池上裕次(00年ダービー)、西村勝(03年クラシック)の2回。今回地元からは桐生、中田竜太の2人が出場する。

 【戸田で3回目狙う】今回出場メンバーで戸田でSG優勝経験があるのは山崎智也(群馬)だけ。戸田でSGを2回優勝しているのは植木通彦と山崎智也の2人。山崎が今回Vなら、戸田で3回のSG制覇は初となる。

 【久々SG優勝狙う】SG優勝の間隔の長さで記録を狙える選手が多数いる。

 ▽田頭実 04年10月のダービー以来14年4か月ぶり(史上3位)。

 ▽赤岩善生 06年12月のグランプリS以来12年2か月ぶり(史上3位)。

 ▽浜野谷憲吾 07年3月クラシック以来12年ぶり(史上4位)。

 ▽吉川元浩 07年12月グランプリ以来11年2か月ぶり(史上5位)

 ちなみに歴代1位は貴田宏一(引退)の18年9か月ぶり。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請