ピエール瀧容疑者、逮捕当日もNHK大河「いだてん」の収録に参加していた

東京湾岸署に移送されるピエール瀧容疑者
東京湾岸署に移送されるピエール瀧容疑者

 コカインを摂取したとして、12日に麻薬取締法違反の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された俳優でテクノユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧容疑者こと瀧正則容疑者(51)が、逮捕当日にNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜・後8時)の収録に参加していたことが13日、分かった。収録は既に6月放送の回まで進んでいる。同局は「対応を検討している」と説明しているが、降板は避けられないとみられる。また所属事務所は、今後の処遇について明言は避けたが、近く契約解除となる見通しだ。

 瀧容疑者は逮捕直前まで、大河ドラマの撮影に臨んでいた。関係者によると、普段と変わらない様子で撮影に臨んでいた。この日も収録する予定だったという。「いだてん」の撮影は現在、ドラマの中盤となる第24回あたりまで進んでいる。

 瀧容疑者はドラマで、主演の歌舞伎俳優・中村勘九郎(37)演じるマラソン選手・金栗四三を支える足袋店「播磨屋」の店主・黒坂辛作役で出演。脇役だが、物語に欠かせないキーパーソンで後半まで出演する可能性もある役柄だ。

 人気俳優の突然の逮捕に同局も対応に追われた。「いだてん」公式サイトから瀧容疑者の写真を削除。警察の取り調べに対して容疑を認めているとされており、降板は避けられない状況となった。

 NHKは、スポーツ報知の取材に対し、次回の17日以降も予定どおり放送するとした。17日放送分には、瀧容疑者の出演シーンはないという。だが今後収録済みの出演シーンの放送などについては「対応を検討している」とするにとどめた。出演シーンのカットや、代役を立てて対応するとみられる。

 善人から悪役まで演じられる幅広い表現力には定評があり、瀧容疑者は近年NHKドラマに数多く出演。同局はこの日、「いだてん」に出演した6話分、大河ドラマ「龍馬伝」(10年)、連続テレビ小説「あまちゃん」(13年)と「とと姉ちゃん」(16年)、土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」(14年)などのオンデマンド配信の停止を決定した。主演ドラマ「64(ロクヨン)」(15年)は、共演者の新井浩文被告(40)が2月に強制性交の疑いで逮捕された後、配信停止となっている。

 NHKエンタープライズは、瀧容疑者の出演作のDVD販売などについて、「関係各所と対応を検討中」とした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請