ピエール瀧容疑者の出演作“封印”を鴻上尚史氏が批判「誰の得にもならない」「この国の文化は悲惨なことになる」

鴻上尚史氏
鴻上尚史氏

 俳優でミュージシャンのピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)がコカイン使用(麻薬取締法違反)の疑いで逮捕され、出演するテレビドラマの放送や映画の公開が危ぶまれていることについて、劇作家で演出家の鴻上尚史氏(60)が13日、ツイッターで苦言を呈した。

 「出演者の不祥事によって、過去作品が封印されるなんて風習は誰の得にもならないし、法律的にもなんの問題もないし、ただの思考停止でしかない。」と投稿し、テレビ局や映画会社などが作品の改変や封印に動こうとしていることを批判。続いて「ここで制作者は踏ん張って、作品と1人の俳優はイコールではないと持ちこたえないと、この国の文化は悲惨なことになってしまう。」と作者として芸術作品を守る立場から呼びかけた。

 テレビ局などの動きにつては、ジャーナリストの江川紹子さん(60)も、同様の批判コメントをこの日にツイート。逮捕の影響がドラマや映画やCMに及び、多額の賠償金が発生する事態になりそうだというネット記事を貼りつけた上で「またも過去の作品お蔵入り、収録済み映像も編集し直し消去、みたいなことをやるのか…。薬物自己使用とか被害者がいない事件で、そういう非生産的なことは、もうやめた方がいい」との見解を示している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請