【広島】ヒゲの長野、9年ぶり左翼&本拠地初安打

ヒゲを蓄えて出場した広島・長野久義
ヒゲを蓄えて出場した広島・長野久義
6回無死、この回からレフトの守備に就いた長野久義が松本剛の左飛を処理する(カメラ・豊田 秀一)
6回無死、この回からレフトの守備に就いた長野久義が松本剛の左飛を処理する(カメラ・豊田 秀一)

◆オープン戦 広島0―13日本ハム(12日・マツダスタジアム)

 “ワイルドチョーさん”広島・長野久義が12日、新天地・マツダで初安打を放った。この日の初打席の7回先頭、スライダーを引っかけたが、打球は遊撃・平沼の手前で大きくイレギュラーバウンドで中前へ抜けた。ラッキーな一打に「シーズン中にああいうのが欲しいですね」と苦笑いでヒゲをピクつかせた。

 そう。キャンプ終了後から口とアゴにヒゲを蓄え始めた。ヒゲ禁止が不文律の巨人と違い、新天地は菊池涼、中崎らの例もあり原則OK。もっぱら電気シェーバー派だったチョーさんも、関係者にT字カミソリの購入を依頼。毎朝の手入れを楽しんでいるという。

 6回から移籍後初の実戦守備として左翼に就いた。直後にライナーを捕球するなど難なく3度の守備機会をこなした。公式戦では新人の2010年以来一度も守っていない位置に「景色が全然違ったんで難しかった」と戸惑った。それでも高ヘッドコーチは「長野は(外野は)全部できる」と太鼓判。“ワイルドカード”では終わらない。攻守に調子を上げてきたヒゲ長野が、レギュラーの座をつかむ。(田中 昌宏)

ヒゲを蓄えて出場した広島・長野久義
6回無死、この回からレフトの守備に就いた長野久義が松本剛の左飛を処理する(カメラ・豊田 秀一)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請