【オリックス】5点差をひっくり返す逆転サヨナラ 西村監督「それまでにいろいろあったが」

オリックス・西村監督(左)はサヨナラ勝ちに手応え
オリックス・西村監督(左)はサヨナラ勝ちに手応え

 ◆オープン戦 オリックス7×―6西武(12日・姫路)

 オリックスは1―6の9回に6点を挙げ、逆転サヨナラ勝ちした。9回1死一塁で杉本が左中間への2ラン。2死満塁となり、福田の二塁へのゴロが敵失を誘い、2点を追加した。2死二、三塁で西浦がサヨナラの中前2点打を放って勝利した。

 投手陣が計9四死球、守備では3失策した荒れた試合。西村監督は「それ(勝つ)までにいろいろあったが、あの点差をひっくり返した。杉本は当てれば本塁打を打てる。チームにとって大きい存在。(西浦のサヨナラ打は)一番の自信になる。高卒2年目で日々、成長している」とチーム一丸の勝利を評価した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請