ダイナマイト・キッド追悼興行、メインを務める船木誠勝が明かすキッドさんの忘れられない姿…3・15後楽園

デイビーボーイ・スミスJrが出場する「初代タイガーマスク佐山サトルストロングスタイルプロレス~“爆弾小僧”ダイナマイト・キッド追悼興行~」
デイビーボーイ・スミスJrが出場する「初代タイガーマスク佐山サトルストロングスタイルプロレス~“爆弾小僧”ダイナマイト・キッド追悼興行~」

 昨年12月5日に60歳で亡くなった“爆弾小僧”ダイナマイト・キッド(本名トーマス・ビリントン)さんを追悼する「初代タイガーマスク佐山サトルストロングスタイルプロレス~“爆弾小僧”ダイナマイト・キッド追悼興行~」(3月15日、後楽園ホール)のメインイベントに出場するキッドさんの親戚となるデイビーボーイ・スミスJr(33)が11日、追悼試合へかける思いを明かした。

 同大会は、キッドさんと現役時代に名勝負を繰り広げた初代タイガーマスクの佐山サトル(60)が中心となるダイナマイト・キッド追悼興行実行委員会が主宰して開催。追悼試合となるメインイベントは、スミスJrとスーパー・タイガーが組んで、船木誠勝、KENSO組と対戦する。

 メモリアルマッチへスミスJrは「今回、ダイナマイトキッド追悼興行のメインに出場することはとても光栄です。彼は私にとって家族のような存在で、たくさんのことを教えてくれました。ダイナマイトキッド対タイガーマスク戦はプロレスにとって革命的な試合であり、私の愛してやまない試合でもあります。彼のファイティングスピリットは私の中に宿っており、それをリアルジャパンプロレスでお見せしたいです」と明かし、「また、尊敬するプロレスラーであり格闘家である船木誠勝選手と対戦できることを楽しみに思います。今回、このような機会を設けていただいたリアルジャパンプロレスに感謝いたします。ダイナマイトキッドも喜んでいることでしょう」とコメントした。

 対戦する船木は、キッドさんの思い出を新日本プロレスへ入門した当時「まだ新弟子の頃です。外国人選手のバスが会場に着くとすぐにウエートトレーニング室へ行き、スミス選手と2人で黙々とトレーニングしていた姿を思い出します。そして、来日する度に身体が大きくなって来るのが印象的でした」としのんだ。また、船木とタッグを組むKENSOは「子供の頃に見ていた、ダイナマイトキッドさんの追悼試合に出させて頂き、大変光栄です。また、全日本プロレス時代に公私ともによくお付き合いをして頂いた船木さんとタッグチームを組ませて頂く事、大変楽しみにしております。何卒 よろしくお願い致します」と意気込んだ。

 今大会は、キッドさんの弟のマーク・ビリントンさんから承諾を得て開催。興行売り上げの一部を遺族へ寄付する。

 

 「ダイナマイト・キッド追悼興行」の全対戦カードは以下の通り。

 ▽メインイベント ダイナマイト・キッド追悼試合タッグマッチ60分1本勝負
 デイビーボーイ・スミスJr、スーパー・タイガー 対 船木誠勝、KENSO

 ▽セミファイナル タッグマッチ30分1本勝負
 タイガーマスク、橋本大地 対 TAKAみちのく、ブラック・タイガー

 ▽6人タッグマッチ30分1本勝負
 アレクサンダー大塚、岡林裕二、納谷幸男 対 崔領二、鈴木秀樹、神谷英慶

 ▽ダイナマイト・キッド追悼セレモニー(登壇ゲスト・小林邦昭氏、タイガー戸口、北原光騎氏、山崎一夫氏)

 ▽シングルマッチ30分1本勝負
 タカ・クノウ 対 ロッキー川村

 ▽タッグマッチ30分1本勝負
 間下隼人、松本崇寿 対 岩崎孝樹、レブロン

 ▽タッグマッチ20分1本勝負
 雷神矢口、倉島信行 対 柴田正人、伊香保京介

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請